2014年11月17日

ロンリープラネットか地球の歩き方か悩んだすえ

Guten tag.
ブログランキング登録してみました。
gu.gif

海外旅行をする時に持って行きたいものがガイドブックですよね。
さて、どういったガイドブックを持っていくかここが重要なところです。
上記2つがメジャーどころですがロンプラは英語読めないと厳しいですよね。
私、英語を理解するのに少し時間がかかってしまうのでロンプラなら必要なところだけ日本で訳して持っていくことにしています。
地球の歩き方は写真が沢山あって日本人には大変解りやすい内容ですが情報がイマイチなんですよね。

まぁ今回は地球の歩き方を図書館で借りてきたのでそれを持っていきますがね。
私、自他ともに認めるケチなので図書館で借りてしまうのですよね。
本当は買いたいところなんですが節約しなければいけないので・・・・・
さて、内容を見ていたのですが今は蚤の市までトップページに来るようになっているのですね。
私、中学生の時にパリに行ったのですがその時クリニャンクールという蚤の市が開く場所に行きました。
当時のガイドブックにはクリニャンクールなんかはほんの小さく載っていた程度なんですが、今はでかでかと蚤の市の情報がトップに持ってこられていますね。
しかし、蚤の市が開かれる場所は治安が総じて悪いのが現状ですよね。
なんせ蚤ですからね、買った商品に蚤がついてくるんですよ。haha
まぁトップに来るほど蚤の市が認識されていることは喜ばしい限りです。

今回は蚤の市をメインでまわってくる予定です。

1.クリニャンクールの蚤の市
2.ヴァンヴの蚤の市
3.モントルイユの蚤の市
4.アリーグルの朝市
5.モンマルトルのフリーマーケット

まぁこんな感じで行く予定です。
商売用のものと自分が欲しいものをわけて買うつもりではいますが資金に限りがあるのでどうなることやら。
楽しみと不安が入り混じり妙なテンションですね。
不動産業ではこんな感じ味わったことないです。
(金額は賃貸経営の方がずっと高いのにね。)
とにかく自分のできることをしよう、ここで撤退しては何も残らない。
撤退と敗北はありえないのだから・・・・



posted by 上海 at 21:01| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パリの話ですね。
来月行きますが、パリ市内にDIY発祥?の店があることはパリッ子なら知っています。
名前は、ベー・アッシュ・ヴェー (BHV)。一見普通の百貨店ですが、地下に様々なDIY商品があります。
クラシックスタイルから最新まで、パリに行くなら「BHV」です。
他、パリ郊外には「ルロワメルラン」というホームセンターがありますが、日本には無い色使いのコーディネートが勉強になります。
Posted by 兜屋又吉郎 at 2014年11月18日 10:59
1.クリニャンクールの蚤の市
2.ヴァンヴの蚤の市
3.モントルイユの蚤の市
4.アリーグルの朝市
5.モンマルトルのフリーマーケット

パリは数多く行っていますが、クリニャンクール以外は「時間の無駄」と思います。笑

サンジェルマン・デュプレ周辺が好きです。
Posted by 兜屋又吉郎 at 2014年11月18日 11:06
兜屋様
コメントありがとうございます。
そうですか、クリニャンクール以外は大したことないですか。
私、訪問したのが20年ほど前なのでパリの現状が飲み込めていません。
DIYの情報など書き込みありがとうございます。
参考になります。
Posted by 上海 at 2014年11月18日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。